適年解決相談室【e労務どっとこむ】
Top Page 適年解決相談室 セミナーのご案内 発刊物のご案内 会社概要
お問い合わせ退職金・企業年金レポート
適年解決相談室

退職金制度の見直しのポイント
適格退職年金
2002年4月1日から10年以内に廃止
←
年々、積立
不足が増加
       





退







←
事業主が掛金
を全額負担し
勤労者退職金
共済機構が
退職した従業
員に退職金を
直接至急する
制度です。













←
年金資産の
運用を企業で
はなく従業員
自身が行う
制度です。
積立金は個人
ごとに管理さ
れ、転職時に
持ち運ぶこと
も可能です。













←
掛金は事業主
負担が原則で
すが、規約に
より加入者の
同意を前提に
加入者が一部
を負担する
ことが出来る
制度です。













←
国が実施する
老齢厚生年金
の一部を国に
代わって支給
します。
独自の上乗せ
給付を行う
制度です。
←
毎月の掛金は
法人企業では
損金として、
個人企業では
必要経費とし
て全額非課税
となります。

←
事業主が掛金
を全額負担し
全額損金計上
できます。
企業が
投資教育を
実施します。
←
加入者期間と
給与の額等で
給付金額が算
定されます
(給付額は
規約で定め
ます)。
←
基金の解散や
代行部分の
返上を行う
企業が増えて
います。
退職金制度の見直しのポイント
(1)社内で「退職金とは何か?」を明確にし、
   今後の方向性を示すこと
(2)人事制度の変更と連動した退職給与規定の改定を考えること
(3)平均年齢が上がると定着率が高くなることや
   年齢構成を考慮すること
(4)高齢化社会では60歳を超える定年延長を前提に
   退職金制度の改定を考えること
(5)退職金の上昇をできるだけ抑制できる退職金制度を
   考えること
(6)会社への貢献度に応じた退職金のメリハリをつけること
←
従業員との
充分な
話し合いが
必須
(従業員の
 合意が
 必要)
福利厚生プランとして… 生命保険商品の選択のポイント
(1)運用リスクの小さい商品   (2)役員の退職金も同時に準備 
(3)契約者貸付が利用できる商品 (4)解約手続が簡単なもの


詳しくは、どうぞお気軽にお問い合わせください。
毎週水曜日には無料相談会(完全予約制)も実施しております。

▼▽▼こちらのページもご覧ください▼▽▼
退職金制度の
仕組みに
ついて
退職金制度の
見直しの
ポイント
過去の
コンサルティング
事例
■□■適年解決相談室のトップに戻る■□■



適年解決相談室の
トップ


退職金制度の
仕組みについて


退職金制度の
見直しのポイント


過去の
コンサルティング事例
内海正人








▲PageTop

トップページ適年解決相談室セミナーのご案内発刊物のご案内会社概要お問い合わせ退職金・企業年金レポート


■ 弊社運営サイト ■

労働問題のトラブル解決なら『労使トラブル解決マニュアル』 社会保険料の削減のことなら『社会保険料の削減.com』

東京港区の会計事務所『日本中央会計事務所』 節税のことなら『中小企業の節税を考える税理士の会』

労基署調査の対策なら『労働基準監督署 調査対策セミナーDVD』 税務調査の対策なら『税務調査の徹底対策セミナーDVD』

組織を自動化するなら『組織の自動化ノウハウセミナーDVD』 遺産分割で後悔しない『あんしん相続相談室』

第二種金融商品取引業の登録なら『第二種金融商品取引業ドットコム』 相続税の計算なら『相続税申告会』


適年解決相談室【e労務どっとこむ】http://www.eroumu.com/
日本中央社会保険労務士事務所/株式会社 日本中央会計事務所
〒105-0003 東京都港区西新橋1-16-5 コニシビル4F
TEL:03−3539−3047(代表) FAX:03−3539−3048
E-mail:utsumi@j-central.jp
内海正人のブログ